今の収入を増やす為に存在する、月収50万~100万円が関の山のビジネス

深田です。

実は 自分が今稼いでいるというビジネスモデルは、まだまだガラ空きの市場です。

しかし一つだけ難点があるのです。

それは100万円を大きく飛び越える事が不可能であり平均すると30万前後が良い所という難点があるのです。

実は自分の周りでも何人もこのビジネスモデルで稼いでいる人が居るのですが

 

一番多いのは10万~30万

そして30万~50万

 

この領域を超えようとすると少し工夫が必要になってきます。

そして限界点があるのです。

つまり一定のお金を稼いだ人は、少しずつ離れていっているということが現状でもあるのです。

誰でも十分に再現できるようなビジネスモデルがゆえの悩みとは

 

あんまりここで こういう話を書くのも悩んだのですが アフィリエイトのようなビジネスは、最初は大変で 軌道にのって後になると楽になると よく言われるものです。

その話題を否定すれば元も子もないので アフィリ=無理ゲーみたいな事は、この記事では、言いません。

ただ、今回の私のビジネスモデルは、そういう事が無いのです。

強いて言えば、誰がやっても一定基準から先は どう足掻いても「それ以上効率よく進められない」のです。

すなわち限界が出てきてしまうという事。

これが唯一の悩みでもあり、この後も 効率化できるようなツールやソフトも出てこないでしょう。

サイトアフィリエイトなどの場合は、そういう問題がクリアできるツールやソフトが多いですが今回の私の取り組んでいるビジネスは、限界点というものがあるのです。

だからこそですが よく取り組んでいる人の間では、「通過点ビジネスだよね」と言われているぐらいです。

 

しかし ここまでの話を聞いて 何か金の匂いを感じませんでしたか?

 

デメリットがメリットにもなっているビジネススキーム

 

このビジネスのデメリットでもありますが 実はこれが今から取り組む人にとっては、良い面でもあるのです。

その理由は、とてもシンプルであえて言いますと「ゴールが目の前に見えているという事は、誰でも到達できる内容」であるからです。

 

アフィリエイトはどうでしょうか?

ゴールがあるようで ゴールというゴールが無いのです。

そして限界というものもありません。

つまり すべてが闇のようなものなのですが 自分が行っているビジネスモデルは、非常にシンプルです。

特定の時間と作業で不慣れな人でも初心者でも覚えていく事が可能だからです。

いわゆる現実世界で 作業を覚える という事と似たようなイメージです。

もちろん当たり前の話なんですけど、多少の個人差は、手の速さや感覚の違いで もちろん少しは出ますが、アフィリエイトなどのビジネスと比較すれば その範囲が極めて少ないと言えるのです。

 

逆にここまで 明確なビジネスモデルで需要のある分野 本人がその気で努力さえすれば 稼げるビジネスですが 一定以上の工夫や応用が通用しなくなる限界点があるからこそ 面白みが無くなってくるという事です。

「何を贅沢な事並べているんだ!!」と思いますよね?

月に50万しか稼げてないサラリーマンからすれば 普通に20万、30万の利益が乗れば大喜びかもしれません。

しかし慣れてくると、

「もうこれ以上増やせないな」という所が見えてしまうと だんだん飽きてくるものなのです。

そういう意味では、アフィリエイトなどのビジネスは、上限が無いので魅力的見えますよね(笑)

でも 魅力的に見えても 本当に難しいわけですけどね。

それでは、今日は 限界のあるビジネスモデル というテーマで記事を書きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

でも、アフィリエイトのようにGoogleの検索エンジンの影響や その他SNSの規約などにも左右がされないという点においては 今からしっかりマスターしても損しないと思います。

サイトアフィリエイトとかのビジネスは、学び始めてから、またアルゴリズムが変更になったり、システム変更やサイトの仕様で便利ツールが使用できなくなるなどの不確定要素が大きいですから 途中で無駄になる事がありますが 今回の私が行うようなネットビジネスは、そういう意味では、安心でもあります。

 

「贅沢な悩みだな」とパッシングを受けそうですけど こればかりは本当に限界が近すぎるな~と悩んでしまいます。

せっかくの人生だから、もっとお金欲しいですし。

だから、自分より先に取り組んでいた先輩連中の中でも、ある程度稼いだら辞める人が多いのも頷けます。

そういえば、自分より年上の方も1年ほど取り組んでから辞めて 稼いだ資金で他のビジネスに挑戦したようですが、見事に失敗というか、いやになって また戻ってこのビジネスやっているぐらいなので、逆に手堅さは、あるといえるでしょうね。

在宅ワークって本当に気楽です。

 

また余裕がある時にでも このビジネスの内容をお伝えできればうれしいなと思っています。

 

では、フカシンでした。